加圧するめダイエット公式ファンページはこちらです ダイエット情報満載です!! ファンページはどなたでもご覧になれます
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Sponsored links
ダイエットブログ
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
ブログランキング
加圧するめダイエット
無料レポート付きメルマガ
お名前
 姓: 名:
メールアドレス
 

ついに登場!加圧するめダイエット ダイエットの教科書です。早めにお買い求めください。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
加圧するめダイエット オフィシャルブログ
 ようこそ!

加圧するめダイエット オフィシャルブログへ!



このブログでは、加圧するめダイエットをはじめ、
ダイエットに有用な情報を
惜しみなく提供していきます。

毎日読んでるうちに、自然とダイエットの
知識が身につき、痩せやすい体に
なっていきます。


はじめに、加圧するめダイエットとは?






加圧トレーニング成長ホルモンを出し、筋肉維持し、

有酸素運動で邪魔な脂肪を燃焼し、

スルメに代表される「低カロリー高タンパク」の食品で
栄養補給しつつ、満腹中枢も刺激し、

メンタルコントロールでモチベーションを維持する、

いわば最強のダイエットです。

7名のダイエット希望者に
1ヶ月間加圧するめダイエットを試してもらったところ、
なんと、
平均4キロの減量に成功しました

これだけ、確実に効果が出るダイエットはなかなか
ないと思います。

しかも、加圧トレーニングで筋肉をつければ、
リバウンドしにくい体になります。

詳しいやり方は、このブログで順次お伝えしていきます。
 
加圧するめダイエット基本マニュアルがもらえるメルマガも
ぜひ登録してください。    ↓

メールアドレス





今すぐ加圧するめダイエットをやりたい!」
という方は、

「加圧するめダイエット公認ジム」
加圧リハビット


http://rehabit.jp/
http://ameblo.jp/rehabit/
にお問合わせください。
お手軽価格で、加圧トレーニングが受けられるだけでなく、
ダイエットのカウンセリングも受けられます。

また、短期集中型の
加圧するめダイエットコースも大好評です。


こちらは先着順になりますので、
お早めにお申し込みください。









posted by: 加圧するめダイエット | 加圧するめダイエット | 16:14 | comments(1) | trackbacks(0) |-
加藤茶とダイエット
 
元ドリフターズの加藤茶


6月に結婚した45歳下の奥さんの写真をブログに公開しました。


45歳の年齢差はさすがにすごいですね。


こうした偉業?を達成するためには、

元気で長生きしなければいけません。


実は、ダイエットと長生きというのは、

深い関係があります。


俗に、

「しっかり食べないと元気が出ない」とか、

「たくさん食べないと長生きできない」などということが、

実しやかに言われますが、

実は、



これは、いろいろな動物で

実証されています。

人間で実験するのは難しいですが、

長生きしてる人を見れば、あまりメタボでこってりした人は

いないですよね。



若い女性ほど、

ダイエット = 見た目

という意識が強いと思いますが、

ダイエットは、単に外見の問題だけではないのです。

体の中味もキレイにする、元気にする、

それがダイエットの真の目的なのです。








posted by: 加圧するめダイエット | ダイエットと食事 | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ダイエットに良いドリンクは?
 ダイエットというと、とかく食事に関心が行きがちですが、
実は飲み物も重要です。

アメリカ人は1日のカロリーの5分の1はドリンクで摂っているそうです。

日本人もほぼ同じくらいだと思われます。


まず良くないのは、炭酸飲料関係

コーラなどは糖分一杯ですし、ダイエットドリンクも
先日お話したように、良いデータは出ていません。


良いドリンクの代表は水


食事の前にコップ2杯くらいの水を飲むと、
早く満腹になって良いと言われています。

また、水をたくさん飲むと代謝が良くなるという
データもあるそうです。


以外の良くないのが、フルーツジュース

ビタミンなど栄養分も豊富ですが、カロリーも高いので
飲み過ぎには要注意です。


野菜ジュースはOKです。
トマトジュースは、同じ量のオレンジジュースの
約3分の1のカロリーです。


意外と良くないのが、
低脂肪ミルク

カルシウムは減量に向いてないというデータが最近出ているそうです。
タンパク質も意外と少ないので、
ミルクは控えめが良さそうですね。


次に要注意なのが、スポーツドリンク系


運動中はエネルギーが必要なので、
どれも糖分が入っています。
健康的なイメージがありますが、激しい運動をするとき以外は
控えたほうがいいでしょう。


ブラックコーヒーはOKです。
ブラックならカロリーはないですし、様々な抗酸化物質も
含まれています。

一日3−4杯のコーヒーを飲むと、
気分が落ち着き、ガンや糖尿病のリスクも減るという
データもあります。


でも、ダイエットに良いのはあくまでブラックで、
こんなのはダメです。
    ↓


緑茶も良いと言われています。
まだメカニズムはわかっていませんが、
緑茶の中のカテキンが、減量に良い効果を
発揮するようです。


カクテルは要注意
こんなのは気をつけましょう
   ↓


ビールを飲むならライトビールがお勧めです。

こうやって見てくると、
体に良い飲み物は結構少ないですね。


草や木は、水分は水しか取りません。

人間も本来は水だけあればいいのかも知れませんね。

あとは、食事から摂れますから。




posted by: 加圧するめダイエット | ダイエットと食事 | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) |-
若さと美しさを保つための食事とは?
若さを保つための食事とは? 

老化を進める要因として、食事の影響は重大です。

 なぜなら、毎日摂るものだからです。

 毎日体に良い物を摂っている人と、
体に悪い食品を摂っている人、
 これが長年積み重なれば大きな差を生みますね。

 しかも、老化というのは内臓だけではありません。

 あなたの外見にも影響して来ますから、
 女性の方は特に要注意です。

 たとえば、糖分や炭水化物の多い食品を摂ると、
 AGE(advanced glycation end products:終末糖化物質)
 と呼ばれる物質が産生されます。

 このAGEは体の中で炎症を起こしたり、
酸化物質を産生して、 老化を早めてしまうのです。

 では、どのような食品を摂ると良くないのでしょうか。

 アメリカダイエット協会の先生は、特に要注意の食品として、
 以下の5つを上げています。

 1ポテトチップスやフレンチフライ  

オイルの中には、 トランス脂肪酸が含まれています。 

トランス脂肪酸を摂ると、体内で炎症が発生します。


 2 ドーナッツや甘いペーストリー  

これらも糖分が多く、また、トランス脂肪酸も多く含まれています。

 ちなみに、トランス脂肪酸の含有量についてはこちらを御覧ください。 http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_kihon/content.html 



 3 ホットドッグ、ベーコン、ペペローネ  

 加工した肉食品には飽和脂肪酸や酸化物質が含まれています。



 4 脂分の多い肉






  


 肉の脂には動物性の脂肪、つまり飽和脂肪酸がたくさん含まれています。

 これらも体内で炎症を引き起こし、動脈硬化の原因になります。

 肉を食べる場合には、なるべく脂を少なくすることがポイントです。


5 アルコール


    

女性なら1日1杯程度、男性なら1日1〜2杯のアルコールは、
 体に良いと言われています。 


しかし、飲み過ぎた場合には、様々な病気の引き金になります。




posted by: 加圧するめダイエット | ダイエットと食事 | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) |-
高タンパク食vs高炭水化物食  ウエストサイズは変わらず??
 高たんぱく食は満腹感があり、除脂肪体重を維持できるため、
高炭水化物食よりも減量効果が高いのではないかとの指摘もあるが、
低脂肪であれば高たんぱく食と高炭水化物食のどちらを続けていても
介入2年後の体重や腹囲に有意差はないことが明らかになった。624日から28日まで米サンディエゴで開催された米国糖尿病学会(ADA2011)で、
ニュージーランドOtago大学のJeremy D krebs氏(写真)らが発表した。

 20110705..png



このような記事がとびこんで来ました。

 

私は「加圧するめダイエット」で、炭水化物を控えめにして、

タンパク質をしっかり摂るように勧めています。

この学会発表の内容が正しければ、

私の方法は間違っている??ことになってしまいます。

 

しかし、その研究内容を見てみると、、、

 

高タンパク食というのは、

炭水化物40%、たんぱく質30%、脂肪30

という内わけです。

 

そして、高炭水化物食というのは、

炭水化物55%、たんぱく質15%、脂肪30

 

日本と欧米では食品がかなり違うので、

これら3大栄養素の比率もだいぶ違ってきます。

(ちなみに、この発表はニュージーランドのドクター)

日本食の場合、適正と言われる比率は、

炭水化物が5560%、脂肪2530%、たんぱく質1215

なのです。

 

なんと、この研究で高炭水化物食と言っている食事は、

普通の日本食と変わらないのです。

 

私がいつも言っているように、ダイエットに成功するためには、

筋肉を維持する必要があります。


そのためには、タンパク質を十分摂取する必要があるのですが、

どのくらいの量を摂ればいいかというと、

体重1kgあたりタンパク質1gというのが

目安になります。

 

つまり、体重60kgの人なら、タンパク質を1日60g摂るということです。

 

そして、タンパク質1gは4kcalなので、60g摂ると、

240kcalということになります。

 

ですから、1日2000kcal摂取したとすると、比率は12%ということになります。

 

ちなみに、アスリートのようにガンガン鍛えている場合は、この倍くらい、

つまり体重1kgあたり、タンパク質を2g摂るのが推奨されています。

 

そうすると、比率としては、25から30%くらいになります。

 

要するに、この研究での高タンパク食というのは、

アスリート並みのタンパク質の量なのです。


そして、高炭水化物食と言っている方は、

標準的な日本食であり、タンパク質も十分摂れている内容なのです。

 

つまり、糖尿病の人にアスリート用の食事と標準的な食事を試させて、

両者に差がないと言っていることになります。

 

いつも思うのですが、こうした研究は中味をよく見ないと、

言葉だけが拡大解釈されて、一人歩きしてしまいます。

 

タイトルだけを見て、

「タンパク質を摂っても意味が無い。炭水化物をたくさん食べても変わらないんだから」

と思ってしまってはいけないということです。

 

結局のところ、正しいダイエットのやり方は、

標準的な食事よりも、タンパク質の量を少し多めにする。

炭水化物と脂肪は控えめにするということで、

やはり、「加圧するめダイエット」の

やり方通りということになります。





 

 

posted by: 加圧するめダイエット | ダイエットと食事 | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ダイエット清涼飲料を飲むと太る!!?
 ダイエット清涼飲料を1日2本以上飲んでいる人は、
胴囲の増加が飲まない人の6倍に達していることが報告された。

サンアントニオ長寿高齢化研究(SALSA)により明らかになったもので、
テキサス大学サンアントニオ健康科学センターの
Sharon P Fowler氏(写真)らが、
6月24日から米サンディエゴで開催された
米国糖尿病学会(ADA2011)で発表した。


ダイエット清涼飲料を飲まない人たちは、平均3.6年の
追跡調査で、ウエストの増加は0.76cmにとどまっていたのに対し、

ダイエット清涼飲料を飲んでいた人たちは、平均で2.11cm
ウエストが増加。

しかも、毎日2本以上飲んでいる人は、平均4.74cmも
増えていたそうだ。

ダイエット清涼飲料が直接肥満を招くのかどうかはわかっていない。

ねずにの実験で、
ねずみに人工甘味料を与えると、本当の砂糖を与えたネズミよりも
甘いものを求めるようになるそうだ。

この理由として、専門家は、

人工甘味料で体を騙そうとしても、実際はだまされず、
本来入ってくるべきカロリーが入らなかったことで、より一層
カロリーを求めてしまうのではないか。

と、コメントしている。

つまり、カロリーを制限するために使ったはずの人工甘味料が、
逆に食欲を増進させているかもしれないと言う。


人間の場合、精神活動が複雑なので、他にも色々な要因が
考えられる。

例えば、食べ過ぎてしまった人は、

帳尻を合わせようとして、ドリンクだけはせめて
カロリーオフで、などと考えてしまう。

そういう意味で、ダイエット飲料は食べ過ぎのバロメーターとも言える。

いずれにしても、

砂糖の摂り過ぎもよくないし、

人工甘味料を摂るのも良くないことは間違いない。

posted by: 加圧するめダイエット | ダイエットと食事 | 05:07 | comments(0) | trackbacks(0) |-
言葉の壁
 英会話力を向上させようということで、
先日個人レッスンを受けてきました。

 

最近カフェが増えたせいか、

ネットで交渉してカフェで個人レッスンを受けるという

パターンが密かにブームのようです。

 

私がお試しレッスンを受けた先生は、シンガポール出身。

 

私が「近い将来ハワイに住みたいので、英会話を身につけたい」

などと話していると、

その先生は「自分はまだ、ハワイにも、アメリカ本土にも行ったことがない。

なぜなら、シンガポールからアメリカは遠いからだ」と言いました。

 

たしかに、言われてみればその通りで、

シンガポールからニューヨークまで行こうとすると、

18時間もかかるそうです。

ハワイでさえ、日本から行くのに比べればだいぶかかります。

 

なのに、東南アジアの人たちは日本人よりも英語が話せる。

 

日本が衰退し、アジアの諸国に抜かれつつある理由が少しわかった気がしました。

 

つまり、アジアの極東に位置する日本は、

アジアの中でアメリカに一番近い存在。

地理的に一番恵まれていたのではないでしょうか。

 

ところが、インターネットの普及によって、

その優位性がくずれてしまいました。

 

ネットによって、世界の距離はグッと縮まってしまった。

そして、英語の話せない日本人よりも、

他のアジアの国々の方がアメリカに近づいた。

 

ユニクロや楽天をはじめ、大企業が次々と公用語を英語にすると決定したのも、

こうした流れがあるからではないでしょうか。

 

インターネットでどんなに世界との距離が縮まっても、

言葉の壁を崩せなければ、

日本は世界から取り残されてしまうかも知れない。。。

 

ということで、そろそろ本気で英会話をマスターしようと思います。

 

posted by: 加圧するめダイエット | 自己啓発 | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) |-
命の源は、、、
 

日本では、ユッケによる感染問題が話題となりましたが、
今、ヨーロッパでは、大腸菌O-104の感染が問題になっています。
今後ますます広がりそうな予感がしますね。

きゅうりやもやしが原因と言われていますが、
いまだはっきりしていないようです。


いつも思いますが、食の安全管理というのはとても難しいですね。

テレビで、大手外食チェーンやコンビニの工場での
食材の準備風景が映ることがあります。
その厳重な衛生管理は医療現場以上と言ってもいいくらいのレベルです。

そのくらい徹底しないと、安全が守れないし、
何か問題が起きた時に、申し訳がたたないということなんですね。

よく「医者が人の命を救う」とか、「人の命を救えるのは医者だけ」
みたいな言い方をされますが、
私は決してそうではないと思っています。

たしかに、病気の人に対しては、医者の力が大きく影響しますが、
それ以外の場面では、様々な職種が「人の命」に関わっている。

食品関係もその一つだということが、
今回の一連の事件を見ているとよくわかりますね。


つまるところ、全ての仕事が、間接的に何らかの形で
「人の命」に関わっている。

そういう自覚を持たないといけないということですね。

posted by: 加圧するめダイエット | ダイエットと食事 | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ネット中毒専門外来
 韓国では、

ネットのやり過ぎで、キレ易くなったり、ひきこもりになった人を治療するための

ネット中毒専門外来ができたそうだ。

韓国では高速回線が整備されており、ネットゲームにハマる男性が多いそうだ。

その結果、

キャラクターを育成するゲームを好む余り、
引きこもるになるタイプと、
敵を倒すゲームにはまって周囲に攻撃的になるタイプに
二分される傾向があるという。

時を同じくして、アメリカから出版された本がこちら↓
110530-1..png

その名もデジタル・ダイエット
デジタルを使ってダイエットしようという意味ではなく、
こちらもデジタル中毒、IT中毒、ITメタボ
から脱却する方法を説いたもの。

私自身は、最近スマートフォンを購入して、
明らかに時間が節約できるようになったし、
フェイスブックのおかげで、旧友に再会できたり、
恩恵の部分の方が多いと感じているが、
これもやはり、「使い様」ということになるようだ。


posted by: 加圧するめダイエット | - | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) |-
食べない方が長生きできる!?
 古来から権力者やお金持ちは、

不老長寿の薬を探し求めて来ました。

しかし、未だに不老長寿の薬は見つかっていません。

しかし、ほぼ確実に寿命を延ばせる方法は見つかっています。

それは、

カロリーを制限することなのです。



これは、様々な動物の実験で証明されています。

たとえば、アメーバは1.9倍、ミジンコは1.7倍、グッピーは1.4倍、

ラットは1.4倍。

それぞれ、カロリーを制限することで、これだけ寿命が延びます。

では、どのくらいカロリーを制限するかというと、

通常の食事の60%くらいに制限します。

なぜカロリーを制限すると、長生きできるのでしょうか。

それは、長寿遺伝子が働きだすからなのです。

そして、この長寿遺伝子がミトコンドリアを増やす働きをするそうです。

みなさんがもし、カロリーを60%に抑えるとすると、

3食中、1食抜くことになります。

実はそのぐらいが丁度いいということかも知れません。

ダイエットできて、長生きできる、この方法。

いかがでしょうか。



posted by: 加圧するめダイエット | ダイエットと食事 | 05:09 | comments(1) | trackbacks(0) |-